真面目に不真面目【文:犬飼佑子】


08 Feb
08Feb

「チラシあるでよ」情報、日々おしゃれな写真とともに更新されており、佳きことです。


しかし!わたしは!地味に!やるのです!全力で!地味に!


※高校時代に川人さんに言われた「犬飼って真面目に不真面目なことするなぁ」っていう言葉、今更ながら私のことをすごく端的に表しています。


小学生対象の「絵手紙教室」が近くの郵便局でありました。小学2年生の娘を連れて参加したのは12月初旬のこと。年賀状のはじまりやら、岡山の偉人前島密の生い立ちやらを聞き、郵便局内に生えている葉書の元となった植物を見せていただりとアカデミックなことをして、年賀状作りである。


本来なら子どもだけなのだが、「よかったらお母様もどうぞ」と、職員さんが年賀状を渡して下さった。


よろしいんですか?


ちなみにその年賀状は表の方を2週間ほど郵便局内に掲示し、その後自宅郵送→投函という流れである。


ねずみを描き、令和二年と書き、メッセージである。「あ、今年は『ぞめきのくに』が公開されるね!楽しみだね\(^o^)/」


某姉妹の映画はステマで問題になりましたが、私は公式なので、問題なし!よし!これで局員さんとか掲示を見た岡山市民が何人か気になって検索したに違いない。


さて、年が明け、場所も変わってここは近所のカフェ。見つけたのです「つぶやきノート」というものを。あれね、大人限定の宿泊施設とかにもあるあれね。


もちろんカキカキ。


よし、これで(以下略)


また、ある時は公共施設の検索用パソコンに…(以下略)


あの、元ネタというかイメージ的には岩井俊二の「ラブレター」みたいな話にしたかったんですけど、なってる?大丈夫?


制作(現地ボランティアスタッフ)

犬飼佑子

コメント
* メールはウェブサイト上に公開されません。