阿波踊りのはじまり【文:犬飼佑子】


10 Nov
10Nov

川人さんが阿波踊りを題材に映画を撮る、ということでこれは面白そうだと思ってちょっと手を出したことから「ぞめきのくに」との関わりができました。


監督も、面白そうだからと私にブログのライターのオファーをくれました。


そして、阿波踊りの起源というのもいくつかあるのですが、私が採用しているのは「徳島城ができたときに『わーいやったー』って嬉しくて、面白いから踊りだした」というやつ。(諸説あります。)


誰かに踊れって言われたわけでなく、神様に奉納するわけでもなく、健康を願うとか豊作を願うとかそんなん何にもなくてただ「おもっしょいけん踊る」って潔さがいいなって、それが阿波踊り好きやなあっていう理由です。


あ、さらに「面白い」の語源のお勉強もしておきましょうか。

 

昔々、冬の間、囲炉裏を囲んで傘作りをしたり、草履を作ったりして生計を立てている人たちがいました。


もちろんお喋りしながらなんですが、ほとんどの時間は自分の手元を見ています。


たまに「おもしろい」話になった時に顔をあげて笑い合うので、「面(おもて)があがって白い顔が並ぶ」→「面(おもて)が白い」→「面白い」だそうです。


映画館で、もしスクリーンの方から観客を見たら、「面白い」んでしょうね!


…ホラーじゃなかったら。



制作(現地ボランティアスタッフ)

犬飼佑子

コメント
* メールはウェブサイト上に公開されません。